学院生随時募集
社会人・学生・一般
TOP 学院案内 講座概要 お問い合せ 清光教育総合研究所
東京サイエンティフック 大阪アカデミック

自主退学者支援対策

医学部自主退学者支援対策
歯学部自主退学者支援対策
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 学生の方からの相談受付
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 保護者の方からの相談受付
ご相談お問い合わせ
特別対策講座
東海医+獨協医特別対策講座
東海医+群馬医特別対策講座
歯科医師から医学部編入
海外留学帰国者講座
新潟大学歯学部編入対策
薬学進級対策講座
薬学部進級・補講講座
(株)清光教育総合研究所
スクール事業部 清光学院本部
〒530−0047
大阪府大阪市北区西天満3丁目4-5
西天満ワークビル1F
TEL(06)6363-5541(代)
FAX(06)6363-5542(代)
編入 大学 予備校 編入 大学 予備校

東海大学医学部一般編入+群馬大学医学部一般編入特別対策講座

群馬大学医学部編入試験が一般編入に移行して以来、募集定員の多い群馬大学と東海大学両医学部を受験される方が増えており清光編入学院では、両校の受験対策において、長年に渉って出題傾向と対策について講座を開講している強みを生かし、この度、東海大学医学部一般編入と群馬大学医学部一般編入対策を組み合わせた特別対策講座を開講致します。
試験の時期や地理的な近接性等、両校に照準を合わせることで医学部編入試験受験校の幅が広がることも考えられます。


東海大学医学部編入/群馬大学医学部編入試験内容

東海大学医学部一般編入学試験
一次試験は英語と適性試験(一般知識・時事問題への関心、判断力、数学力)と英語。
二次試験は個人面接が行われています。
出願資格は(表=(1))の通りです。

群馬大学医学部一般編入学試験
一次試験が「小論文 I 」(日本語による自然科学、生命科学の問題)、「小論文 II 」(英語長文を資料として読み、日本語で論述作成。専門的な内容を含むこともある)、2次試験が面接で行われます。
出願資格は(表=(1))の通りです。

東海大学医学部一般編入学試験及び群馬大学医学部一般編入学試験募集要項抜粋
表=(1)
募集要項比較(抜粋) 東海大学医学部一般編入 群馬大学医学部一般編入
募集定員 20 名 15名(地域枠2名含む)
入学年次 2年次 2年次
出願期間 8月〜9月 8月中旬頃
出願資格 (1)学士又は見込みの者
(2)大学に2年以上在学で62単位修得者
(3)短大卒業又は見込みの者
(4)高等専門学校卒業又は見込みの者
(1)学士又は見込みの者
(2)大学に2年以上在学で一般教育科目等37 単位以上取得の事
※数学物理化学生物計18単位以上実験単位2 単位以上を含む
(3)大学院修士課程又は博士課程修了者又は見込み者
(ただし医学部医学科在籍者以外の者)
試験科目(一次試験) (1)書類選考
(2)英語
(3)適性
(1)小論文 I ・ II
※小論文 I =日本語による自然科学、生命科学の問題
※小論文 II =英語長文を読み、日本語で論述作成(専門的な内容を含むこともある)
試験科目(二次試験) (1)個人面接 (1)個人面接
※出願時に提出した自分の経歴に関する課題作文(1800〜2000 字)
試験日(一次試験) 9月下旬 9月中旬
試験日(二次試験) 10月下旬 10月中旬
東海+群馬受験対策のメリットについて

試験の実施時期が近いこと(共に1 次が9月、2次が10月)、関東周辺にご在住の方には地理的に近接していることが挙げられます。
また、この両校に合わせて対策を行いますと、英語(専門英語も含む)+自然科学(地学領域を除く)+小論文(日本語による論述作成)+面接(プレゼンテーション対策を含む)で勉強を進めていただくことになりますので、浜松医科大学や弘前大学などの国立大学医学部学士編入に加え、藤田保健衛生大学医学部の推薦入試(満35歳以下の方)や、金沢医科大学医学部一般編入(1年次後期)への対策を兼ねることも可能となり、医学部受験の機会が大きく増えることになります。科目ごとの緻密な修得スケジュール管理が目標達成の重要な鍵となります。
お問い合わせは、
清光編入学院/編入予備校(東京 大阪)
医学部編入学試験対策講座係
TEL 06-6363-5541 Email: info@seiko-lab.com
までお気軽にご相談ください。