【特集】新潟大学歯学部編入試験 出題傾向と分析

新潟大学歯学部一般・学士編入試験について

新潟大学歯学部編入学試験は、学士(大学卒業者)だけではなく、大学が指定している単位を取得している場合は、大学途中からでも編入学が可能です。(文系出身などで、理系単位が不足している場合は、放送大学などで不足単位を補うことが必要です。)
一次試験は、書類選考(課題作文)となっており、二次試験に小論文、面接が実施されます。
近年は、小論文の中に英語が出題されています。ここでは、二次試験において、出題される小論文の出題について解説します。

● 令和5年度(2023年度)●

(1)編入試験問題概要
今年度から、英文読解中心の問題となり、Natureより出題。
一部写真や実験結果のグラフを用いた問題も含む。認知的焦点と推論的分析の論文で、自宅でのビデオ会議での視線、創造的なアイデアを生み出すのを妨げるか、などについて出題。

(2)編入試験出題傾向
実験の結果を踏まえ、内容の理解を確かめるような問題が多い。幅広い社会問題に関する書籍及び論文からの出題。

(3)新潟大学歯学部編入に必要な受験対策
研究者としての資質を見ていると思われる。今後は、英語学術論文を読み解く必要がある。日頃から書籍・論文を読み、様々な視点から自分の意見を書く訓練が必要。

(4)出題についての講評
今年度は、昨年度以前と出題傾向が変化したように思います。編入学試験は、一般入試とは違って資質や思考力を見ていますので、基礎力を上げておく必要があります。清光では、新潟大学の出題傾向の変化に合わせて、今後は、英語論文対策についても重視していきたいと考えています。

● 令和4年度(2022年度)●

(1)編入試験問題概要
TED talkを読んで設問に答える形式。英文と日本文が混在している。幸せな人生についての研究を課題として取り上げ、要約や、文章を読んで導かれる結論、語彙の説明、内容をもとに自身の考えを500字程度で述べる設問。

(2)編入試験出題傾向
医療や健康について幅広い情報から、テーマに沿って自身の考えをまとめさせる問題。

● 令和3年度(2021年度)●

(1)編入試験問題概要
インフォームドコンセントについての英文と、日本語の随筆の部分抜粋を読んで設問に答える。要約や、治療方針の説明、日米の違いなどについて100字〜400字程度で記述する。

(2)編入出題傾向
治療行為についての説明と洞察力と対応力、国際的な視野も含めて、的確に内容を掴み、判断する力を見ている。

新潟大学歯学部一般・学士編入学試験対策について
清光編入学院では、国立大学歯学部が編入学生に求めている要素(臨床・研究・教育)を理解し、与えられた課題を的確に捉え、幅広い視野の元に論ずるための思考力、理解力を独自の授業内容にて養成します。英語の出題もありますので、英語の学力も必要となりますが、大学入試の受験英語とは異なる対策が必要です。新潟大学歯学部編入では、面接も時間をかけて実施されますので、一次の課題作文の強化と共に、面接対策も重要となります。

清光編入学院では、新潟大学歯学部編入対策講座を個別講義にて開講しております。
歯学部編入試験受験対策の詳しい内容については、

清光編入学院/編入予備校 教務課までお尋ねください。

この記事をSNSでシェアする