学院生随時募集
社会人・学生・一般
TOP 学院案内 講座概要 お問い合せ 相談のご予約 清光教育総合研究所
東京サイエンティフック 大阪アカデミック

自主退学者支援対策

医学部自主退学者支援対策
歯学部自主退学者支援対策
医・歯・薬学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 学生の方からの相談受付
医・歯・薬学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 保護者の方からの相談受付
ご相談お問い合わせ
(株)清光教育総合研究所
スクール事業部 清光学院本部
〒540-6591
大阪市中央区大手前1-7-31
天満橋OMMビル4F西側
TEL 06-6948-6574
FAX(06)6948-6575
編入 大学 予備校 編入 大学 予備校

歯学部自主退学者支援対策

(講座名)
「進転知」 歯学部自主退学および中退者の再出発支援を目的とするコース(個別講義)
(対象)
歯学部自主退学者および中途退学者(私立・公立・国立不問)、除籍、放校を含みます。
(講座概要)
(コース1)現在の歯学部から他大学歯学部への編入を目指します。

(コース2)歯学部から他の学部への編入(薬学部や理学部などの理系学部、経済学部などの文系学部他、様々進路を目指します。)
学士を取得すれば、国立大学歯学部、私立大学歯学部に学士編入も可能です。

受講生の多くは私立歯学部、薬学部自主退学者・中途退学者・放校・除籍者となっております。
(コース生の進路設計&計画)
コース1
現在の歯学部での単位を利用して、他大学歯学部を目指します。在籍年数、取得単位数により、編入学ができます。
編入年次は、2年次〜4年次が主な編入年次となります。

また、上位歯学部にて留年を繰り返し、退学となった場合は、在籍している大学より下位の歯学部へ編入し、留年のリスクを減らすことを目的とすることも可能です。
大学により、同じ科目構成であっても、取り扱う内容や、授業内容は異なり、大学を変えることで、進級しやすくなる事があります。
コース2
自主退学または放校、除籍などの事由により、中途退学された学生は、その時点においては事実上、学歴としては「高卒」扱いとなります。
それゆえ、当面の目標は「学士取得」となります。既に歯学部で取得した単位を利用し、国立大学編入を目指します。再度歯学部又は医学部等へ進学することを視野に入れる場合は、可能な限り国公私立上位校へ「三年次編入学」します


進学先で一番多い学科は順に、私立歯学部編入・理学部生物学科編入・理学部化学科編入、薬学部編入や心理学等々となります。 

女子では、奈良女子大学やお茶の水女子大学に、共学では神戸大学や千葉大学・大阪市立大学・大阪府立大学・岡山大学・九州大学・名古屋大学・徳島大学・大阪大学・京都工芸繊維大学などが多くなっております。
(進学実績一例)
歯学部退学 →他大学歯学部へ編入
歯学部中途退学 → 理学部へ三年次編入 → 医学部編入浪人 → 医学部編入
歯学部自主退学 → 理学部へ三年次編入 → 獣医学部編入
歯学部除籍 → 薬学部編入
歯学部自主退学 → 国立理学部へ三年次編入 →東京大学大学院進学 →医学部編入
歯学部放校 → 建築学科へ二年次編入
歯学部自主退学 →国立大農学部へ三年次編入 →国立大歯学部編入
医学部歯学部自主退学(中退)の方の再スタートのご相談は、
  清光編入学院(東京・大阪)医学部歯学部退学(中退)の方の
再スタート支援窓口までお願いします。

E-mail info@seiko-lab.com
TEL 06-6948-6574 FAX 06-6948-6575
受付時間 10:00〜18:30 (月・火曜日を除く)